私が書いたアルバム『Sing For Love』のレビュー



Lugz&Jeraさん、今年の春に
約3年振りのニューアルバム『Sing For Love』をリリースされてから
明日10/5で約半年が経過します。

2017030702.jpg

リリース前、アルバムジャケットの
ポージングの意味は何なの???・・・
とか、話題になりましたよね!

みなさん、意味がわかりましたかー!?
ちゃんと、受け取りましたかー!?

それとか、アルバムタイトルの
『Sing For Love』を『Love For You』と、
しょちゅう間違えたり。。。
アルバムタイトルは『Sing For Love』で
リード曲は『Love For You』とわかるまで
かなり時間がかかったりしたものです。



そんなこともありながら、
私も自分の”ネタ帳”を見返していたら
まだまだUPしていないネタも沢山ありまして、
その中のひとつがコレ↓!

ニューアルバムのレビュー(乾燥...違った!感想ですw)!

実は、アルバムを聴いて
すぐに書いていたんですけど
でも、このアルバムは、
LJさんからみなさんへのメッセージであり、
受取り方もいろいろあるかと思い、
その邪魔をしてもいけないと思って
その当時はUPを控えていました。

半年を経過した今なら
いいのかな...と思い、UPします。

ま、所詮、ど素人の私のことですから
大したことは書いていません。
意味不明なこともあるかもわかりません...。
メッセージ的なことよりも
音楽的なレビューが中心ですが
熟読して頂けたら幸甚です。




【アルバム『Sing For Love』レビュー】****

今となってはもう見慣れて馴染んでしまった日本語タイトル...、
これまでの作品の流れからすれば
日本語タイトル曲がこれほど多く誕生すると
誰が予想したことか・・・。
すごく画期的な感じがあり、かつ
今までとは大きく変革したことも
こんなところからも垣間見られる。

セルフでのハモリとコーラスワーク、フィーチャリングを随所に
しかも微細&丁寧に加えてあり歌にとても厚みが出ている。
ドラム音、ベース音が重低音としていい音が響いているし
アコースティック音(ピアノ、ギター)はリアル的な音は私好みです。
そしてアーティストのボイスが融合してかっこよく仕上がっている。
押して引いてそしてまた押して引いて・・・、
動→静→動→静→動・・・・と。
そのパターンでトラック構成(曲順)をしてあり
アルバム1枚を通して”完成”されている。
本人の曲順決定にあたってはいつもながら熟慮もうかがえる。
すなわちこのアルバムをランダム再生するのはご法度であり、
あくまでもこの順番通りに聴くのが通の聴き方である。

01. Find Myself
この曲、最初から最後まで一本調子じゃなく
徐々に盛り上がっていきます....。
オープニング曲にふさわしい疾走感のあるアッパーナンバー
前作の「MUSIC TRIBE」の続編的な宇宙空間を
演出&想像させてくれる。

02. Love For You
ピアノで始まりアコースティックギターも加わり
静かな感じの曲かと思いきや
アップテンポでありながら
せつない感情のリリックをポジティブに歌い上げる。
もはやアルバムのリード曲としても確立し
ファンにとっても、
とても想い出深く、かつ、
印象に残る最高の曲となったに違いない。

03. Stay the Night
ハモリの部分...、
違う人がハモっているかのように
迫力のある付け方でとてもいい!!
洋楽っぽい仕上がりはとてもかっこいい!

04. Be with You feat. JAY’ED
前トラック「Stay the Night」の迫力から一転、
ラブバラードで”一服の休息”

05. 君は僕の愛する人
このアルバムを音量小さめで聴いたり
車を運転しながら聴いていると
出だしの50秒くらいまで
少しボイスが聞き取れない感じが続くが、
そのあとは色んな楽器も加わりそれなりになってくる。
(↑失礼しました)
いや、後半の盛り上がり部分は
フルオーケストラ的なサウンドになり
とても臨場感と勇壮感あふれるラブバラード曲。
なるほど、プロデュースは
あの安室奈美恵さんなどを手掛ける今井了介氏。
そう言えばどことなく、
そのイメージも感じさせてくれるはず...感じてみよう。
リバーブをやや抑え気味のボイスも好感。

06. Love Letter feat. LEO , CIMBA
アコギ演奏1本かと思いきや
途中からキーボードや、更にはマラカス?のような
「カシャカシャカシャ...」という音も加わっているのが判明。
大音量で聴かないとわからないひとつですね。
アコギ演奏はピックを使わないカッティング奏法で
歌の邪魔をしていないのが良いと思う。

07. 出逢ってくれてありがとう
こんな思いやりのある歌が生まれるとは
数年前なら思いもつかなかった楽曲のひとつかもしれない。
(これまた、失礼・・・笑)
そして私も、新曲のタイトルに
「ありがとう」が使われるという予言を
2年前のSNSやこのブログに書いていて
その予言に近い形で実現したという”奇跡”の曲でもある。
感謝を伝える曲でありながら
彼独特の力強いリリックとサウンドがあるので
知らず知らずのうちに励まされているという
応援ソング的な要素も隠されているその妙を感じて欲しい。

08. 帰り道 feat. SHIROSE(from WHITE JAM)
まったく想定外のコラボのひとつ、
アルバの中でも今までのLJソングからは想像もつかない
一番想定外の曲でありPOPな曲・・・。
楽しかったからこそ、その終わりはさみしい...
その気持ちをうまくピックアップして
ただ、さみしい...だけで終わらず
POPな仕上がりがポジティブに換えてくれる
ひとつの応援ソングかな。

09. Power of Belief
みんなに向けた応援ソング

10. Sing For Love
バックグランドで聞こえてくるフィーチャリング”L&J”は圧巻!
アルバムのラストソングにふさわしいベストソング。
ライブではここぞというシーンでしか歌う事が無い、
早くもレア曲になりつつある。
”LJソング”を一切、知らない人でも
この曲なら絶対に落とせる究極のベストソングであろう!!




よかったら、ポチッとしてね♡
↓  ↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村






a:223 t:1 y:1

コメント


認証コード1410

コメントは管理者の承認後に表示されます。