吉備津神社での不思議な出来事



吉備津神社(岡山市)へ行ってきました。
前々からずっと行きたかった神社です。
境内では既にピークは過ぎていましたが
アジサイもまだ咲き誇っていました。
そして、一番楽しみにしていたのが、
猫の温羅(ウラ)ちゃんです。
下の画像で真っ白の猫のほうです。

この吉備津神社では
桃太郎伝説で登場する桃太郎に
退治された温羅(うら)を
祀ってある神社としても有名で、
その温羅の生まれ変わりが
この猫と言われています。
そのひとつの゛証拠゛が
この猫の ウラちゃんは
片方の眼がつぶれています…。
鬼の温羅の生まれ変わりと言っても、
もちろん公式の話ではありません…。

最初、長い石段を登って境内にたどり着き
本殿に行って、手を合わせて参拝を…。
そして、次にどっちへ行こうかと迷いながら
キョロキョロ(・д・ = ・д・) しました。
あとから考えるとその時にはどこにも居ませんでした。
あ、猫のことなんて
行く前には思っていたけど
神社の駐車場に到着した時から
全然、頭にありませんでした。
話は戻って、
迷いましたが、右手側から奥の方へと散策しました。
で、30分ほど歩いて また境内に戻ってきて
そして おもむろに寺院の写真を撮りながら…
ふと、社務所の方を見ると
その横にウラちゃんが寝そべっていました。
そして、亀のような模様の猫しゃんも
知らないあいだに出ていました。
寝っころがってばかりで
上手くとれませんでした。

そして、不思議なことがあるものです。
実は私のFBの友達で
神絵画家でもあり光の世界を描く画家で
崇尾青見先生という方がいらっしゃいます。
その方がFBにご自分の投稿として
個展開催の合間を利用して
FBに記事を投稿されました。
こちらです(ご覧になれない方もいらっしゃるかも)…
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=265154623687991&id=100005803654942
その投稿記事は以前、
崇尾先生が吉備津さんを訪れたときの
このウラちゃんについてです。
その記事を投稿された時間と
私たちがウラちゃんに会っていた時間とは
ほとんど同時刻なのです。
これをただの偶然では納得できない
とても不思議な思いをしました。



画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明






error - #fb_pagebox: no facebook page url






a:3151 t:1 y:0

コメント


認証コード0447

コメントは管理者の承認後に表示されます。