お釈迦さまの涅槃会(ねはんえ)



守護寺で涅槃会(ねはんえ)をお勤めしました。

涅槃会とは、
お釈迦さまの入滅(亡くなられた)された
2月15日に全国に寺院で行われる行事のことです。
「涅槃図」(ねはんず)が掛けられ、
お釈迦さま最後の説法である
「遺教経」(ゆいきょうぎょう)などを
読誦(どくじゅ)し法要が行われます。

当方のお寺でも添付画像のように
「涅槃図」が有るのですが
仏絵師が経典をもとに描かれたもので
全てにわたって神話ならぬ仏話を
再現されたものだそうです。

一言で表現すると
お釈迦様はこの絵のような形で
亡くなれたそうです。

沙羅双樹(さらそうじゅ)の林の中、
草で敷き詰められた金棺の中で
頭北西面(頭は北の方角で顔は西を向いた状態)で
極度の下痢と腹痛に苦しみながら
亡くなられたそうです。

52種類の仏弟子や人、動物、昆虫に至るまでのものが
お釈迦様の周りに集まって
お釈迦様の死を看取って悲しんだそうです。

他にも、この絵に描かれている内容はたくさん有り
まるで昨日の事のように詳細にわたって
現世に伝承されながら残っているのを知ると、
ただ、すごいなあと思うばかりです。

ちなみにこの「涅槃図」は
岡山県の あるお寺の住職さんが書かれたものとか・・・。

涅槃図






error - #fb_pagebox: no facebook page url






a:1201 t:1 y:0

コメント


認証コード9572

コメントは管理者の承認後に表示されます。