インタビュー201307



  • 高梁音楽祭開催のきっかけ

去年地元に帰ってきて、
何もせずっていうのも自分らしくないなあと思って、
何か地元を盛り上げれるイベントを定期的に
やりたいなあと思ったのがきっかけです。


  • L&Jの考える音楽の届け方

自分の音楽シーンの中では
アナログ的なCDよりもデジタル配信だったり
インターネットでのプロモーションだったり
媒体が強い時代になってきていると思うんです。

でも岡山、こと こういういち、
地方都市の中でしかもそこが地元でとなると
そういう配信だったりデジタル的な事よりも、
やっぱり直積的に人とふれあって
音楽を届けるっていうところに赴きを置かないと、
やっぱり地元なんでより応援してもらえる環境にいながら、
うわべ的なものよりももっと直接的に音楽としてじゃなく
人として届けられたらいいんじゃないかとすごい思いました。


  • 備中高梁市 つたえ大使!の委嘱にあたって

固く言えば親善大使というか、観光大使というか、
高梁の新しい試みみたいな感じで
僕に何が出来るかという事を凄い考えるんですけど
少しでも音楽の力で高梁市というものが
音楽祭を通じてもそうですし、
普段の活動している中でも
知ってもらえるきっかけに
なればいいと思っています。


  • L&Jの”音魂”とは

”音魂”・・、
まさに言葉で表せない”ソウル”だと思うんですけど、
音楽っていうのは音を楽しむので、
音を楽しむのが音楽っていうのがあるんですけど
音楽が出来るまでの道のりは決して楽しいだけのものじゃなくて、
人とのつながりがあったり人との出会いがあったり、人との別れがあったり、
楽しい思いもしてるし苦しい思いもしてるし、
最終的にそういうものが音楽になった時に、
歌声になった時に声になった時に、
その全部が魂となって出て行くものが音楽だと思っています。

僕の”音魂”ソウルというのは
そういう人とのつながりだったり
自分が歩んできた道のりの中で感じているものが
集まったものが魂になっているんじゃないかと思うんです。



画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明


















  • とても貴重なインタビューで今のLJさんの気持ちがよく伝わってきました。 -- 管理者 2013-07-30 (火) 02:04:21







a:1148 t:1 y:0