lugz&jera Plofile

Lugz&Jera(ラグズ・アンド・ジェラ)

Lugz&Jera


Lugz&Jera WikipediaLugz&Jeraの音楽とはASIA MUSIC PROJECT
Lugz&Jera WikipediaLugz&Jeraの音楽とは・・・「音楽で繋がる。仲間と繋がる。」でファンを魅了! Lugz&Jera海外進出への道『ASIA MUSIC PROJECT』



  • Singer song writer
  • 出身:岡山県高梁市
  • 音楽ジャンル:R&B,POP
  • 影響を与えたアーティスト:Stevie Wonder, Michael Jackson, USHER,Marvin Gaye, 久保田利伸
  • セールスポイント:聴く者を魅了するスイートボイスとメロディメイク。
  • 足跡:
    • Michael Jackson, Stevie Wonder, Marvin GayeらのARTISTに傾倒され独学で音楽を学び、2000年より関西を中心にシンガーとしての音楽活動をスタートさせる。
    • 2004 年に行われたMTV初となるオーディション番組「MTV STARTOUR」においてのファイナリスト選出や森永製菓 WEIDER がサポートするエンターテイメントチーム「WEIDER BOYZ(ウィダー ボーイズ」のオフィシャルメンバーとしての活動、また大阪のクリエイター CREW "NITEMEN(ナイトメン)"での活動等、様々な出会いや経験の中でARTIST として成長を遂げていった。
    • 2008 年には自主制作 Album/L&J Street mix Album"HYPNOTIC CITY"をリリース。(メジャー・インディー問わず多くのコンヒレーションアルバム等に楽曲が収録された。)
      また同年よりスタートした日本における男性 R&B シンガーの最高峰イベントプロジェクト「SUGAR SHACK」に発足当初からオリジナルメンバーとして参加。
    • 近年は全国規模での LIVE 活動を始め、Producerの今井了介率いる作家事務所Tiny voice,Productionにクリエイター・作家として在籍し様々なプロデューサー・アーティストとの楽曲制作、そして定評のあるメロディメイクを武器にコンポーサー・プロ デューサーとしても活動し、メジャー・インディー問わず様々なアーティストへの楽曲提供を行っている。UTA(ユウタ)を今井了介に紹介したのもLugz&Jeraである。
      更には地元岡山においてもプロデューサーとしてフェスやイベントの運営、地元アーティストの育成を積極的に行っている。
    • 2012 年より心機一転、L&JからLugz&Jera(ラグズ・アンド・ジェラ)に改名。(※北欧ルーン文字の「Lagz(ラグズ=流れ・導くもの)」と「Jera(ジェラ=収穫・実り)」から由来されている。)
      • 2月には自身初となる単独ライブを地元で成功させた。
      • 10月には1st Digital Single"逢いたくて~Stay with me~" をリリース
        (※iTunesダンスチャートデイリー2位獲得)
      • 11月には自身の立ち上げた独自レーベル「LUGZ STAR RECORDS」より1stMiniAlbum”Lugz&Jera”をリリース。
        iTunes R&B/SOUL チャートアルバムランキングでは第3位を獲得するなどの実績を上げ、日本では数少ない「トータルプロデュースの出来るアーティスト」である。
      • 年末12月23日に開催されたLugz&JeraワンマンLIVEを大盛況のうち終了させる。
    • 2013年
      • 女子サッカーリーグ最高峰なでしこリーグFC吉備国際大学シャルム(Charme)のイメージソング”START LINE"を制作する。
      • 5月22日(水)Lugz&Jera自身のレーベル『Lugz Star Record』から第二弾アーティストnaom'ey『1st mini album;emotion』の制作&プロデュース。
      • 7月3日(水)には2nd Mini Album" LUGZ&JERA.Ⅱ "をリリース、iTunes R&B/SOULチャート第二位、Amazon R&Bランキングでは堂々の第一位を獲得。
      • 7月5日岡山を中心に県内外へ発信・展開することを目的に、音楽に関わる総合エンターテイメントオフィスを始める(facebookより)
      • 7月7日(日)高梁音楽祭の中で近藤隆則高梁市長から「備中高梁つたえたいし!」の委嘱を受ける。
      • 10月20日(日)音楽活動で年間を通じて岡山県の経済と文化の向上に大きく貢献されたことが評価され、「オカヤマアワード2013(会長・石川康晴クロスカンパニー社長)」にて「特別音楽賞」を受賞する。
      • タイアップ
        1)FC吉備国際大学Charme 公式イメージソング「START LINE」楽曲制作
        2)日本テレビ系列「RNC西日本放送」毎週月〜金放送中の「RNC news every」のエンディングソングに「4seasons」が決定
        3)テレビ朝日系列「KSB瀬戸内海放送」毎週金曜日深夜00:15〜放送の「らぶせと美人天気」の番組挿入歌に、「4seasons〜winter ver.〜」が決定
        4)セブン&アイ・ホールディングス/イトーヨーカ堂岡山店専門店街開店15周年のCM楽曲提供&出演をおこなう。
      • 主な自主ライブ
        ・3/26 Music Emotion プレステージ
        ・7/7 高梁音楽祭
        ・9/21 MUSIC TRIBE 2013〜3rd Anniversary Special〜
        ・12/24、25 X'mas Special LIVE
    • 2014年
      • 3/15 岡山国際ホテル 13F スカイルーム(岡山県)にて自身初のディナーショーが開催される
      • 4月 - 公益社団法人アジア協会アジア友の会主催によるフィリピン台風災害復興支援チャリティーコンサートにメインとして出演する。
      • 4月 - 岡山シティエフエム(Radio momo(レディオモモ))において、毎月第二・第四金曜日 深夜23:30~00:00放送のイベント連動型新音楽情報番組「MUSIC TRIBE RADIO」のパーソナリティ(自身初)を務める。
      • 6月 - 岡山シティエフエム(Radio momo(レディオモモ))の音楽情報番組「MUSIC TRIBE RADIO」オープニングソング「MUSIC TRIBE」、イトーヨーカドー岡山店専門店街 CMタイアップソング「Happy Song」を含む 3rd MiniAlbum「LUGZ&JERA.Ⅲ」(6月25日発売)を制作リリースする。
      • 11月 - フィリピン台風災害支援チャリティーコンサートを現地フィリピンにおいて開催。
    • 2015年
      • 2月 - 初のDVDとして2014年12月に開催されたワンマンライブのライブDVD「THE LIVE 2014」を発売。
        また、「Precious One」が収録された、コンピレーションアルバム「bmr presents The Truth -Japanese R&B Collection」がTSUTAYAにおいて独占販売される。
      • 3月 - フィリピン復興支援活動報告としてチャリティイベント「フィリピン“OH!援”トーク&ライブ」に出演。
      • 4月 - 昨年から始めたイベント連動型新音楽情報番組「MUSIC TRIBE RADIO」(岡山シティエフエムRadio momo)が毎週金曜日深夜23:30~00:00放送のレギュラー番組として定着する。番組エンディングソングの「Wishing」(4月15日先行リリース)と天満屋ストア(天満屋ハピータウン)CMソングの「Keep on Smile」を含むベストアルバムとしてTSUTAYA限定レンタルベスト「LUGZ&JERA THE BEST」が全国発売(4月22日)される。
      • 10月 - JAY'EDがフューチャリングで加わったシングル曲「Be with You feat. JAY'ED」を配信。
      • 10月 - Full Of Harmony、LL BROTHERS、LEO、HI-D、CIMBA、TSUYOSHIらと組んだグループ「SUGAR SHACK」として、シングル曲「NEON SIGN」を配信。
    • 2016年
      • 2月 - 音楽でアジアを繋ぐプロジェクト「ASIA MUSIC PROJECT」を本格的に始動させる。第一弾は、タイ(チェンマイ・バンコク)の2都市訪問、5公演を成功させる。
      • 2月 - オフィシャルサイトにてライブ会場限定グッズやCD販売のOnline Shopがオープン。
      • 2月 - 高梁市(岡山県)の子育て支援、定住促進を紹介する制作ドラマ『さくらとあゆ~高梁で生まれた私の物語~』の挿入歌に「Memories」「Always Love You」2曲採用される。
      • 4月 - 岡山県出身、東京在住のAYAの2nd.EPに、楽曲全曲の作曲とトータルプロデュースを行ったAYA collection EP『YOU&ME vol.2"』をリリースさせる。
      • 6月 - 韓国出身のK-POPアーティストJang Hogyo(=ジャン・ホギョ)をトータルプロデュース、6/19(日) に 1st EP「J.H」をリリースさせる。
      • 8月 - 現役高校生双子姉妹デュオ「まゆみゆ」をトータルプロデュース、MUSIC VIDEOも異色な2曲を含め「18 PROJECT」を進める事に。リード曲「Yell〜卒業〜」をはじめ「まゆみゆ」にとって 2nd Mini Albumとなる「まゆみゆ / 18」を8月10日(水)にリリースさせた。
      • 10月 - イオンモール岡山1Fのハレマチスタジオで公開収録、毎週水曜日深夜25:30〜25:45(15分)に放送のテレビ地上波(OHK岡山放送局)の音楽番組『MUSIC TRIBE TV』をスタートさせる。記念すべき第一回の放送は(10月19日)。
      • 11月 - AYA Collection EP 『YOU&ME vol.3』をプロデュース、11/11(金)にリリースさせる。
    • 2017年
      • 4月 - 自身「初」となるフル・アルバム『Sing For Love』を全国販売する(4月5日)。
      • 4月 - 『MUSIC TRIBE TV』から派生した『MUSIC TRIBE TV SPECIAL LIVE』を開催し、その模様がOHK岡山放送にて1時間半にわたり地上波生中継される。

    常に『感謝』の心を大切にするハートフルな精神をメロディにのせて全国にメッセージを届けている姿はファンの心を掴んで離さない・・・。

    Amebaブログ『Lugz&Jera(ラグズ・アンド・ジェラ)』より一部抜粋&引用

    Lugz&Jera-Wikipediaより引用


  • 2016年2月のプロフィール
    • 2016年2月
      • 唯一無二のスウィートヴォイスと天性のメロディセンスを持つ男性シンガーソングライター。  

        Stevie WonderやMichael Jacksonらのアーティストに傾倒され大学在学中にアーティストとしてのキャリアをスタートさせる。

        2004年に行われたMTVとFIRSTKLASS(ZEEBRA+今井了介+DJ KEN-BO)による日本初のオーディション番組「MTV STAR TOUR」でのファイナリスト選出をきっかけとして、東京・大阪を中心に様々な活動を展開する。森永製菓WEIDERのオフィシャルサポートチーム"WEIDER BOYZ"としての活動や様々なHIP HOP系アーティストへの楽曲客演参加、そしてソロとしての活動が話題を呼び、Full Of Harmonyや三浦大知、JAY'ED等も参加する日本最高峰と称される男性R&Bイベントプロジェクト「SUGAR SHACK(シュガーシャック)」に発足当初から参加し、確実なキャリアを積んでいった。  

        2011年に地元である岡山に帰郷。それまでの活動と並行して音楽フェスやイベントのプロデュース、更には若手アーティストの発掘・育成を手掛けるようになる。(自身が手掛けるフェス"MUSIC TRIBE"は2015年現在、毎年3,000人を超える総動員数を誇っている。)更に、独自レーベルとして2012年10月にリリースした1st Digital Single"逢いたくて~Stay with me~"がiTunesダンスチャートにて第二位を獲得、更に同年11月にリリースした1st Mini Album「LUGZ&JERA」がiTunes R&B/SOULチャートにて第三位を獲得する快挙を遂げた。

        そして2013年7月には2nd Mini Album「LUGZ&JERA.Ⅱ」を発表、Amazon R&Bランキングにて堂々の第一位を獲得、更にiTunes R&B/SOULチャートでも前作を凌ぐ第二位を獲得した。続く2014年6月には3rd Mini Album「LUGZ&JERA.Ⅲ」を発表、iTunes R&B/SOULチャートにてアルバムランキング堂々第一位を獲得、過去作と共にロングヒットとなる。地元岡山県においては、ワンマンライブも成功を納め、アーティストとして、更にプロデューサーとしてもその勢いは留まる所を知らない。   

        2015年4月には、過去作「LUGZ&JERA Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ」+新録曲2曲を加えた初のベスト・アルバム「LUGZ&JERA THE BEST」を全国TSUTAYAレンタル限定盤としてリリース。地元岡山を始めとする中・四国エリアを中心に全国的に大型展開され、異例のロングセールスを記録している。(先行配信としてリリースされたバラード楽曲"Wishing"はiTunes R&B/SOULチャート ソングランキングにて堂々の第一位を獲得。)  続く同年10月には、盟友JAY’EDとの楽曲「Be with You feat. JAY’ED」がスマッシュ・ヒット。iTunes R&B/SOULチャート 第一位獲得を始め、各サイトにて軒並み一位を獲得。有線を始め、ビッグエコーなど全国タイアップも獲得、ヒット・ソングとなっている。  

        更に自身の故郷である岡山県高梁市より「備中高梁市伝えたいし!」を委嘱(2013年)、更に地元岡山の経済や若手リーダーを表彰する「オカヤマアワード」にて「特別音楽賞」を受賞(2013年)。イトーヨカドー岡山店専門店街CMイメージキャラクターや天満屋ストア CMタイアップを始め、自身がパーソナリティーを務めるラジオプログラム「MUSIC TRIBE RADIO」を中心にメディアにも頻繁に取り上げられ、名実共に「岡山を代表するアーティスト」として県内外問わず認知されている。また昨今、日本だけに留まらず、アジアへのライブ活動や慈善活動など音楽を通じて社会貢献も行っている。  

        ※Lugz&Jeraとは北欧ルーン文字である「Lugz=導き・流れ」と「Jera=収穫・実り」を意味する造語である。

        出典;Lugz&Jera Official Website Biography

        掲載:2016.2.13


  • Lugz&Jeraという名前について、本人からのメッセージ

    Lugz&Jera
    Lugz(ラグズ)とJera(ジェラ)という名前の石が北欧にある。
    Lugz(ラグズ)は水の流れとか導くものという意味があり、
    Jera(ジェラ)とは実りがあるとか成功するという意味がある。
    ある時、たまたま見つけて拾った石の形が「L」と「J」であった。
    また、大阪で音楽活動をしていた時、ルイ・ヴィトンのような
    おしゃれな名前を付けたいと思う時があって、
    なんとなくL&Jという名前を付けたけど、
    もっと意味のある名前にしたかったので
    「Lugz&Jera」という名前を付けた。

(2014. 1.18(土)@まなび広場にいみ 小ホール(岡山県新見市)
音♪フェス2014Vol.1 でのインタビューより)


  • 2nd. mini Album『LUGZ&JERA.Ⅱ』リリース当時(2013年)のプロフィール
    • iFLYER.tv ミュージックイベント・ライブイベント...情報サイト
      • 唯一無二のスウィートヴォイスと
        天性のメロディセンスを兼ね備えた
        岡山出身の男性シンガーソングライター。
         
        2000年より関西を中心にキャリアをスタート。
        Stevie WonderやMichael Jacksonなどのアーティストに傾倒され
        独自の音楽性の中で音楽スタイルを構築して行く。

        2004年に行われたMTV×FIRSTKLASS
        (ZEEBRA×今井了介×DJ KENBO)による
        初のオーディション番組"MTV STARTOUR"にて
        ファイナリストに選ばれ、
        活動の幅を拡げ森永WEIDERのオフィシャルチーム
        "WEIDER BOYZ"やその他アーティスト客演参加や
        楽曲制作等、様々な活動を精力的に行っていった。

        2008年より発足した日本における男性R&Bの
        最高峰イベントプロジェクト
        " SUGAR SHACK"に発足当初より参加、
        これまでに渋谷ON AIR EASTでのプロジェクト公演を始め、
        横浜アリーナやホール等の
        大規模なフェスにも出演を果たした。

        2011年にはSUGAR SHACK初のコンピレーション
        "SUGAR SHACK FACTORY"にセルフプロデュース楽曲
        "涙の数だけ-Stay by my side-"が収録され、話題となる。
        同時に地元岡山にて自身が主催する音楽フェス
        "MUSIC TRIBE"を立ち上げ、
        Full Of HarmonyやLL BROTHERS、
        三浦大知やJAY'EDらを始めとする
        SUGAR SHACK全アーティストを招聘し
        歴代「初」となるフルメンバーによる公演を成功させた。

        2012年にはL&Jから
        Lugz&Jera/ラグズ・アンド・ジェラ
        (※Lugz=流れ・導き/Jera=収穫・実りを意味する)に改名。
        同年10月にリリースされた改名後初なる楽曲
        "逢いたくて~Stay with me~"は
        iTunesダンスチャートに第三位を記録。
        11月にリリースされた
        1st Mini Album"LUGZ&JERA"は
        iTunes R&B/SOULチャートにて第三位を記録した。
        同年12月には自身初となるワンマンライブを
        山陽新聞社SANTA HALLにて行い成功を収めた。

        2013年には自身の生まれ故郷"高梁市"の
        親善大使"高梁市つたえたいし"に委嘱され、
        なでしこリーグ"FC吉備国際大学Charme"の
        公式イメージソングのプロデュースや
        音楽祭のイベントプロデュースなど
        多岐に渡る活動展開を見せている。
        7月にリリースされた2nd Mini Album
        "LUGZ&JERA.Ⅱ"は
        iTunes R&B/SOULチャート第二位を獲得、
        更にAmazon R&Bランキングでは
        堂々の第一位を獲得した。

        アーティストとしてはもとより
        プロデューサーとしてもその手腕を活かし
        若手育成やイベントプロデュース、
        楽曲制作等日本でも数少ない
        トータルプロデュースの出来るアーティストである。

        出典;iFLYER.tv ミュージック・ライブ・クラブイベント情報サイト
        http://iflyer.tv/ja/artist/35479/about/

  • 1st mini Album『LUGZ&JERA』リリース当時(2012年)のプロフィール
    • BandPage com
      • Lugz&Jera(ラグズ・アンド・ジェラ)
        Singer song writer/Composer/Producer
        □HEIGHT:182cm □WEIGHT:72kg □BLOOD:AB 型 □BORN:OKAYAMA, JPN □GENLE:R&B,POP
        □影響を受けたアーティスト:Stevie Wonder, Michael Jackson, USHER,Marvin Gaye, 久保田利伸

        • BIOGRAPHY/バイオグラフィー-
          Singer song writer”Lugz&Jera(※2012 年より L&J から改名)”。
           唯一無二の Sweet voice と抜群のメロディメイクで聴く者を常に魅了し続けている。 Michael Jackson, Stevie Wonder, Marvin Gaye らの ARTIST に傾倒され独学で音楽 を学び、2000 年よ り関西を中心にシンガーとしてのキャリアをスタートさせる。
           2004 年に行われた MTV×FIRSTKLASS(今井了介+ZEEBRA+DJ KENBO)の MTV 初 となるオーディション番組「MTV STARTOUR」においてのファイナリスト選出や森永 製菓 WEIDER がサポー トするエンターテイメントチー ム「WEIDER BOYZ(ウィダー ボーイズ」のオフィシャルメンバーとしての活動、また大阪のクリエイター CREW "NITEMEN(ナイトメン)"での活動等、様々な出会いや経験の中でARTIST として成長を 遂げていった。
           2008 年には自主制作 Album/L&J Street mix Album"HYPNOTIC CITY"をリリー スし 3 ヶ月で限定 2000 枚数を完売させる。(メジャー・インディー問わず多くのコンヒ レーショ ンアルバム等に楽曲が収録された。)
           また同年よりスタートした日本における男性 R&B シンガーの最高峰イベントプロジェ クト「SUGAR SHACK」に発足当初からオリジナルメンバーとして参加し(現 SUGAR SHACK FAMILY※三浦大知・JAY'ED 等も在籍)、シーンを担う一人として強くその存在を示 し 2009 年に発売された "SUGAR SHACK Official soundz mixed by DJHAL※VICTOR"にHypnotic Superstar feat KM-MARKIT が収録され大きな話題を呼んだ。更に今作 のボーナスト ラックとして収録された Perfect Man feat JAY'ED, TSUYOSHI, LEO, L&J, MICHIYA, 真之介は「レコ直クラブ」や「I-TUNES R&B/SOUL チャート」で連 日一 位を獲得する快挙を遂げた。2011 年 8 月には SUGAR SHACK FAMILY/SUGAR SHACK FACTORY がリリース(L&J/涙の数だけ-Stay by your side が収録)され、今尚 多くのファンに愛され続けている。
           現在は全国規模での LIVE 活動を始め、元々定評のあるメロディメイクを武器にコンポーサー・プロデューサーとしても活動し、メジャー・インディー問わず様々なアーティストへの楽曲提 供を行っている。更には地元岡山においてもプロデューサーとしてフェスやイベントの運営、地元アーティストの育成を積極的に行っている。
           2012 年より心機一転、L&J から Lugz&Jera(ラグズ・アンド・ジェラ)に改名。(※北 欧ルーン文字の「Lagz(ラグズ=流れ・導くもの)」と「Jera(ジェラ=収穫・実り)」から 由来されている。) 2 月には自身初となる単独ライブを地元で成功させ、年末に開催予定 であるワンマンライブや自身「初」となるフルアルバムリリースに向け活動している。

        出典;BandPage com./Lugz&Jera- https://www.bandpage.com/LugzAndJera

  • 2010年頃のプロフィール
    • FAMES(フェイムス)BLOG(L&J OFFICIAL BLOG)
      • 2000年より、大阪にて(TOMO)という名義でR&Bシンガーとしてのキャリヤをスタートさせ、関西近郊のCLUBでのSHOWCASEでそのスキルを磨き込んだ。

        2003年からは心機一転、現在の(L&J)に改名し、それまで独学で学んできた、作詞、作曲、トラックメイキングもこの頃から本格的に始め、大阪、神戸、奈良、姫路、岡山と関西全土に活動のフィールドを広げていった。

        2004年に、MTVとFIRSTKLASS(ZEEBRA、今井了介、DJ KENBO)が主催して行われた、オーディション番組[MTV STARTOUR]にて応募総数3000の中からファイナリストに選出され、新木場STUDIO COASTにて行われた[MTV STARTOUR THE FINAL CALL]に出演しその歌唱力とダンサーを交えたSHOWCASEで会場を大いに沸かせた。

        2005年は第二のホームである大阪を活動の拠点とし、大阪をレペゼンしている2MC(THE 9FAR EAST)の作品へのfeat参加、N.O.B(MAGUMA MC'S)とDJ BENKEI(現DJ BENKAY)からなるユニット(SPINDOL)へのライブ参加、HIPHOP専門配信サイト[HIPHOP DL]にて楽曲配信。

        2006年は、盟友DJ YAZZのMIX CD[SLOW JAMZ]にアンリリース曲でもある、[LOVE LETTER]を収録し多くの反響を得た。
        同年夏よりアーティストとしての幅を広げるべく第三のホームとして,東京に活動拠点を移した。そしてこの頃から大阪での活動を共にしてきた[NITEMEN]に正式加入し、同CREWのラッパーMOGGYYのアルバム[KATRINA]でのfeat参加、東京三軒茶屋のハードコアCREW(妄走族)のMC神の2ndアルバムへの参加。そして森永ウィダーがサポートする(WEIDER BOYZ)の正規メンバーとして勢力的にSHOWをこなしている。そして最近では頻繁に雑誌でも目にするほどモデルとしても活躍中である。

        出典;FAMES(フェイムス)BLOG(L&J OFFICIAL BLOG)
        http://blog.livedoor.jp/fames/archives/65177277.html

  • 2009年頃のプロフィール
    • iFLYER.tv ミュージックイベント・ライブイベント...情報サイト
      • 2000年より関西を中心にSingerとしてのキャリアをスタートさせる。
        当時男性シンガーの存在がまだ根付いていない未開拓な状況の中、
        大阪アメ村界隈のCLUBなどでLIVEを精力的に行い、
        その歌唱力と日本人離れしたエンターテインメント性から
        徐々に注目を集める事になる。

        2003年に入り、「TOMO」から裏と表を意味する「L&J」に改名。
        この頃より活動当初から独学で学んでいた
        作詞、作曲、トラック制作を形にしていき、
        オリジナル楽曲の制作を開始する。
        またLIVEもエリアを拡げ大阪のみならず、
        神戸、京都、奈良、姫路、
        そして地元である岡山や
        広島、山口、徳島へとLIVE出演を重ねていった。

        そして翌年、MTVとFIRSTKLASS
        (ZEEBRA+今井了介+DJ KENBO)による
        MTV初のオーディション番組「MTV STARTOUR」にて
        応募総数2000通の中ファイナリストとして選出される。
        そこでの出会いをきっかけに大阪での活動も勢いを増し、
        THE 9 FAR EAST 1ST ALBUM"DRIVE U CRAZY"や
        N.O.B 1ST ALBUM"SPINNING MY WORLD"などにfeatされる。
        また関西の第一線で活躍するARTIST達との共演、
        楽曲制作によりL&Jのオリジナルスタイルを更に確立していく。

        2006年夏よりそれまで活動の中心であった
        大阪から東京へ活動の拠点を移す事になる。
        それと同時期に大阪のストリートで活動を共にしていた
        CREW「NITEMEN」に正式加入
        (THE 9 FAR EAST, YOUNGSHIM, MOGGYYらが在籍)、
        そして東京上京後、森永製菓WEIDERがサポートする
        ダンスとLIVEを融合させたチーム
        「WEIDER BOYZ」のメンバーとして参加し
        WEIDERがスポンサーを務める
        イベント、スポーツの大会などで
        SHOWCASEを行い話題を呼んだ。
        また持ち前のルックスを活かし「MOVEMENT」や、
        「SLANG MAGAZINE」などの雑誌に
        モデルとしても活動している。

        2008年9月5日に待望の初作品
        L&J STREET MIX ALBUM "HYPNOTIC CITY"を
        NITEMEN PRODUCTIONよりリリース。
        J-HIPHOP専門配信サイト「HIPHOP DJ」にて
        先行配信された楽曲3曲(Goin' on, IT'S DA SHINE feat MOGGYY,
        Dance 2 Nite feat GAZZILA, DAG-FORCE)が
        1位、2位、3位を独占し、
        ストリート作品にもかかわらず
        発売よりわずか3ヶ月で1,500枚を完売させる結果となった。

        また日本人のR&Bシンガーでは初となる
        STREET MIX ALBUMを制作した事により
        シーンの可能性を更に拡げ日本のR&Bシーンにとって、
        もはやいなくてはならないシンガーの一人である事を強く印象付けた。
        今作品からはDJ KOMORIによるJ-R&B MIX”WHAT'S R&B"に
        PRECIOUS ONE/L&J feat HI-D, LEO, 真之介, MICHIYA、
        またSEEDA×DJ ISSOによる"CONCRETE GREEN 8"に
        Osaka City of Dreamz/ L&J feat THE 9 FAREASTなどが収録され
        大きな反響を呼んだ。
        また同年、L&J所属の「NITEMEN」からも
        全国へ向け10,000枚無料配布のMIX CD"FREE"のリリースや、
        同CREW所属のトラックメーカー
        「RYUJA×TRAMP」によるBEST PRODUCED ALBUM"FLASH BACK"
        (Dance With Me/L&J feat SPHERE,
        IT'S DA SHINE feat MOGGYYなどが収録)のリリースにより
        関西圏のみならず全国にその存在を強烈にアピールした。
        2009年、L&Jの更なる飛躍と今後の活動に是非注目して頂きたい。 

        出典;iFLYER.tv ミュージックイベント・ライブイベント・クラブイベント情報サイト http://iflyer.tv/ja/landj/about/#lang

  • 「HYPNOTIC CITY」リリース当時(2008年10月)のプロフィール
    • FAMES(フェイムス)BLOG
      • 2000年より、大阪にて(TOMO)という名義で
        R&Bシンガーとしてのキャリヤをスタートさせ、
        関西近郊のCLUBでのSHOWCASEでそのスキルを磨き込んだ。

        2003年からは心機一転、現在の(L&J)に改名し、
        それまで独学で学んできた、作詞、作曲、トラックメイキングも
        この頃から本格的に始め、大阪、神戸、奈良、姫路、岡山と
        関西全土に活動のフィールドを広げていった。

        2004年に、MTVとFIRSTKLASS(ZEEBRA、今井了介、DJ KENBO)が
        主催して行われた、オーディション番組[MTV STARTOUR]にて
        応募総数3000の中からファイナリストに選出され、
        新木場STUDIO COASTにて行われた
        [MTV STARTOUR THE FINAL CALL]に出演し
        その歌唱力とダンサーを交えたSHOWCASEで会場を大いに沸かせた。

        2005年は第二のホームである大阪を活動の拠点とし、
        大阪をレペゼンしている2MC(THE 9FAR EAST)の作品へのfeat参加、
        N.O.B(MAGUMA MC'S)とDJ BENKEI(現DJ BENKAY)からなるユニット
        (SPINDOL)へのライブ参加、HIPHOP専門配信サイト
        [HIPHOP DL]にて楽曲配信。

        2006年は、盟友DJ YAZZのMIX CD[SLOW JAMZ]に
        アンリリース曲でもある、[LOVE LETTER]を収録し多くの反響を得た。
        同年夏よりアーティストとしての幅を広げるべく
        第三のホームとして,東京に活動拠点を移した。
        そしてこの頃から大阪での活動を共にしてきた[NITEMEN]に正式加入し、
        同CREWのラッパーMC MOGGYYのアルバム[KATRINA]でのfeat参加、
        東京三軒茶屋のハードコアCREW(妄走族)の
        MC神の2ndアルバムへの参加。
        そして森永ウィダーがサポートする(WEIDER BOYZ)の
        正規メンバーとして勢力的にSHOWをこなしている。
        そして最近では頻繁に雑誌でも目にするほど
        モデルとしても活躍中である。
        出典;FAMES(フェイムス)BLOG http://blog.livedoor.jp/fames/archives/65177277.html








a:4823 t:5 y:1