Ms.OOJA ~ライブレポ



『Ms.OOJA』
Acoustic LIVE TOUR 2018 “PROUD”

2018年6月8日(金)19:00開演 (21:00終演)
広島クラブクアトロ(広島県)

2018060902.jpg

2月7日(水)発売 アルバム「PROUD」と
「PROUD SONGS」を中心としたライブでした。

2018060901.jpg
※画像はOfficia lBlogより拝借

「PROUD SONGS」というアルバムは
ファンによる投票で選ばれた”ANOTHER BEST”ということで
2016年にリリースした”Best Album”に
収録されなかった曲のみを収録したアルバムです。
ファンの気持ちが分かる、そんな”Good!”な企画のアルバムです!

しかも今回はアコースティックライブとのことで
前から楽しみにしていました。




まずはBlue Vintage(ブルービンテージ)による
オープニングアクトから・・・。
カバー曲を含めて4曲を披露。
MCの中で度々
「お姉さん、お姉さん...」と言っていたのが
とっても健気(けなげ)に思えたのは私だけ!?(笑)



OOJAさん、ステージ登場から
いきなりの3曲続けてメドレーで。
「♪そばに」はしっとりと、
「♪エール」「♪BRAVE」は
どちらもアップテンポのアゲアゲ調の曲なので
会場も手拍子で盛り上げました。

そのあとは、
ほとんど1曲ずつ歌う前に
丁寧に次に歌う曲にまつわる事や
曲についての想いなどを紹介されました。

「♪コントラスト」なんかは
とてもスピード感あふれる曲なんですが
アコースティックってどうなるのって
思っていたのですが
なんの、なんのw
黒田さんのギターテクニック満載で
迫力満点のステージとなりました。

普段のライブでは歌わないカバー曲の3曲も
ご本人曰く”豪華&贅沢なカラオケ”として披露して....、
いやいや、カバーじゃなくて
もう完全にオリジナルの域に達している!!

「♪Never Enough」、
OOJAさんの特徴のハスキーボイスが
中低音域からハイトーン域まで
そこまでの迫力があるのかっていうくらい
底知れない歌唱力を見せてくれました!!

「♪PROUD」は
原曲よりも少しスローめで
ほとんどアカペラに近い感じだった!

ラスト曲「♪STAND UP!!」は
まさしく会場全員がSTAND UP!!しての
フィーバー!!でした。

ほかにも見どころが満載だったので
書き切れません。。。。。。




アコースティックなライブをサポートするのは
ギターの黒田晃年さんと
ピアノは 石田まりさんでした。

ギターの黒田晃年さんに終始、目が釘付けになりました!
とてもプロフェッショナルな演奏でかっこよかった!
切れ味鋭いカッティング奏法は
ハスキーボイスのOOJAさんとBest マッチ!!
そうそう、私は会場の最後方でわかりにくかったのですが
黒田さんのアコギは、Martin(マーチン)と みた!!w

ピアノの 石田まりさん。
とても優しいピアノでした~

ピアノの音響をもう少し上げたほうが良かったのか、
アコギの演奏があまりにもエネルギッシュだったので
少し負けていた感が否めない気が・・・。




ライブハウスの雰囲気と言い、
あっ!そうそう、会場の広島クラブクアトロですが
今回は全て椅子を用意してチケットも指定席販売だったので
アコースティックライブということもあり
なんか、ディナーショー的な感じで
とっても贅沢なライブで楽しめました!!!!!
とにかく椅子はありがたかったです。
2018060903.jpg

OOJAさんの“PROUD”Tシャツをお揃いで着た
OOJAさんのファンの方もたくさん居てすごかった!

その方々も含めて今回のファンの方は
とてもマナーがいい人ばかりでした。
具体的には曲を静かにじっくりと聴く、
これが出来ていたと思います。
今回のセトリはバラード系あり、しっとり系あり、
テンポアップな曲もありで
とても多彩な内容だったのですが
なんでもかんでも、手拍子ありきのライブ鑑賞は
私はあまり好きではありませんが
今回は良かった!!!!!
わかりやすい例をあげると
「♪SWEET 19 BLUES」なんかは
誰もが知っている曲だし
テンポ的にも手拍子があっても不思議はないのですが
あえて...自然と、手拍子せずに聴いていました...。
OOJAさんの声も、アコギやピアノの音も
ちゃんと聞こえたぁ~

私、じ~~~っくり聴きたいタイプなので。
その点、みなさん、よく分かってらっしゃる!!www
(うるさくて、スミマセン)


650_600.JPG

私にとってOOJAさんは
約4年振りだったのですが
その時よりもいい意味で円熟味が増し
歌唱力抜群なのはもちろんですが
歌の表現力が更にパワーアップして
女性ボーカリストの中では
群を抜いた存在になってきたのを感じたライブでした。




~セットリスト~
O.A Blue Vintage
1、?(カバー曲)
2、無気力宣言
3、名前を呼んで
4、Memory

『Ms.OOJA』
1、そばに
2、エール
3、BRAVE
4、歩道橋
5、コントラスト
6、あなたに会えなくなる日まで
7、CROSS ROAD(Mr.Children Cov.)
8、SWEET 19 BLUES(安室奈美恵 Cov.)
9、Automatic(宇多田ヒカル)
10、Never Enough(Loren Allred Cov. ミュージカル映画: グレイテスト・ショーマン)
11、Be...
12、Be myself
13、PROUD
14、I'm ALIVE
15、STAND UP!!



Ms.OOJA(msoojafaith)さんのOfficial instagramより拝借




よかったら、ポチッとしてね♡
↓  ↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村






a:72 t:2 y:4

コメント


認証コード0854

コメントは管理者の承認後に表示されます。